2014/6/6

研究報告誌『スポーツ医・科学』Vol.24を発行

さる6月6日、当研究所の研究報告誌である『スポーツ医・科学』の第24巻「スポーツ医・科学2013 Vol.24」を刊行しました。
 今回ここに収めたのは次の4論文。いずれも当研究所研究員である医師・理学療法士が中心となってまとめたものです。
 内容はホームページから閲覧できますのでぜひご一読ください。また大学・研究機関等、関係者におかれましてはご一報いただければ郵送いたします。

 

当施設における踵骨骨端症の競技種目別特性

  熊澤雅樹、横江清司、亀山 泰、鬼頭 満

時計回り走の前後における足部アーチの形状変化について(第2報)

  岡戸敦男、小林寛和、横江清司

女子バスケットボール選手におけるストップ動作の年代による違い

  北岡さなえ、金村朋直、岡戸敦男

女子ハンドボール選手の外傷調査―外傷部位別の動作の特徴―

  二神沙知子、北岡さなえ、金村朋直、岡戸敦男、横江清司

ホームへ先頭へ前へ戻る