2016/10/27

ロコモティブシンドローム予防教室がはじまりました!

当研究所では、阿久比町在住の高齢者の皆さんを対象に、10月7日から約2ヶ月にわたってロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防教室を開催しております。本教室には、65~80歳の男女20名の方が参加しています。

先日、10月7日には初回が開催され、3つの内容の講義が行われました。熊澤医師より、ロコモティブシンドロームについて構成される疾患や骨粗鬆症を中心とした講義があり、研究部の小嶋研究員からは運動による筋力・持久力の向上について、スポーツリハビリテーション科の佐藤理学療法士からはロコモティブシンドロームの予防に関して、ロコモチェックやエクササイズについての説明がありました。

第2回では、体組成や筋力、柔軟性、バランス能力など、自身の身体機能の現状を把握するため、ファンクショナルチェックを実施しました。今後は、今回のファンクショナルチェックの結果の説明、および対応するエクササイズの指導を行っていきます。

今後は、本セミナーで得た知識でロコモティブシンドロームの予防に取り組んでいただきたいと思います!
 


ホームへ先頭へ前へ戻る