2021/10/08

研究所土地・建物を売却し事務局を移転

当財団は、愛知県知多郡阿久比町に所有する研究所土地・建物を7月1日付で阿久比町に売却しました。
当研究所は1988(昭和63)年の開所以来、この地で30年にわたりスポーツ診療・検査事業を軸としてスポーツを医学・科学の両面から研究し、得られた成果を、治療とケガ・障害の予防、選手育成強化・指導に生かすとともに、学会・論文発表やセミナー開催等々を通じ広く社会に還元してまいりました。
一方、施設・設備も30年が経過する中で、保健医療の動向など様々な情勢も変化し、財団として今後の在り方を検討した結果、医療機関としての今後の存続を断念することとし、2018(平成30)年3月末をもって、研究事業及び研修会等実施事業を除くすべての事業を終了しています。
施設は9月末をもって阿久比町に引渡しを完了。財団事務局は10月より名古屋市内に移転しました。なお施設は、阿久比球場・陸上競技場などを擁する「阿久比スポーツ村」に隣接しており、今後は阿久比町の体育施設として有効に活用される予定です。



ホームへ先頭へ前へ戻る