2016/11/21

パラグライダー初体験

2016.11.21 Y.Y

 

皆さんは、今まで鳥のように空を飛んでみたいと思ったことはありませんか?
パラグライダーは、その夢をかなえてくれる空に最も近い乗り物、自分の体に羽が生えたように、大空を自由に動く事が出来る乗り物、スカイスポーツです。

私は家族と今年の夏、鳥取砂丘で初めてパラグライダーに挑戦しました。
お天気もよく、コンディションは抜群でした。

パラグライダーの離陸に特別な力は必要ありません。パラシュートに空気を取り入れ、斜面を軽く走るだけで飛び立つ事が可能です。フライト中も力は不要。椅子型の操縦席に座り、両手でブレークコードと呼ばれる操縦桿を引くだけです。パラグライダーに必要なのは体力や力ではなく、「空を飛びたい!」という思いです。


インストラクターの指示のもと、小高い砂丘の山からの単独フライトを終えて着地すると、言葉にならない程の大きな感動に包まれます。フライト3回目には、すっかり鳥になった気分。上昇気流にのって、離陸した斜面を飛び越えて、遥か上空から見下ろす広大な砂丘の素晴らしい景色は、何とも言えません。

老若男女、年齢性別体格を問わずに楽しめるパラグライダー。高度を上げたらその空間は自分の物、上空から見た事も無い景色を眺めるのもよし、鳥と一緒に飛ぶのもよし、なにも考えずにただそこにいるのもよし、ただただ飛び続けるのもよし、仲間と競技をするのもよし。様々な楽しみ方が可能なスポーツです。

今回一度きりの体験でしたが、パラグライダーは、現実社会を一瞬忘れさせてくれます。のんびりとストレス発散にもなりました。空がぐっと私に近づき、今まで知らなかった世界・魅力がそこにはありました。あなたも、ぜひ一度体験してみてはいかがですか。 





ホームへ先頭へ前へ戻る